知っているようで知らない道路うんちく

道路の豆知識

カテゴリー 未分類

普段運転している方にとって走行中、「あれっこの道なんでこうなっているんだろう」と戸惑ってしまうことがあります。道は日本全国どこにでもありますが、東京や大阪などの首都圏には道がたくさんあります。道がたくさんあるということは、その分「あれっこの道なんでこうなっているんだろう」と戸惑ってしまうことが多く存在するのです。このように戸惑ってしまう事を、「道路うんちく」と言います。例えば片側二車線のところを走行中にT字路に入ることがあります。T字路に入った時に、標識がないことがあります。左車線可能なところでは、もちろん左車線と考えるでしょう。実際には右車線も左折できます。このことから常識では考えられないと感じられるような道は、数多くあります。建物の多い首都圏には、建物の中を突き通すように道が通っていることがよくあります。このような場合建物を建築する際にすでにそこに道が通っていたため、しかたなく道をまたぐように建物を建築しなければならなかったのです。ほかにも首都高速にも関わらず、なぜか信号機があるところがあります。そもそも首都高速は、渋滞がよく発生していました。渋滞の緩和のためにも信号機を設置したのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。