知っているようで知らない道路うんちく

渋滞の定義は、そもそも道路の種類の状況かによって変わります。たとえば高速道路などの場合では、時速40キロメートル以下にしなければ走れないぐらい込んでいる場合にこう呼んでいます。また都市高速道路においては時速20キロメートル以下で走行しないといけない場合にこう呼んでいます。
国道や県道などの一般道路では時速10キロメートル以下の場合で走行しなければならないような状況の時にこう呼称することになっています。つまりそれだけ自動車がいっぱいで快適な走行は無理な状況のことを言います。
ただし、高速道路会社などと警察とではこの速度に若干の差があり、どちらがどうなのかといったことは決められていません。
いずれにしても速度を落として走行しなければならない状況なのは間違いがなく、それだけに今まで混んでいなかったのに急に混雑する状況になると、前をよく見ていなかったりして追突事故の原因になり得る状況ですから、前の自動車等との車間距離はしっかりととって走行することが重要であることは間違いありません。もし渋滞になっている場合には、ハザードランプを付けて走行するなど、こうした追突事故には十分注意して自動車を運転することが求められます。

コメント

コメントを受け付けておりません。